TOPコラム岡山の著名人>野間守正

野間守正

『囲碁の名手・野間守正』

解説

 岡山藩の藩主に、囲碁の名手として名高い野間守正という人物がいました。

 その強さが江戸で評判となり、囲碁好きだった将軍の徳川家宣とも対局をしたことがあります。
 最初は将軍相手ということで敗北しましたが、無礼講を許されると本領発揮をして連戦連勝でその実力を見せつけました。

 仕事は岡山藩の祐筆で、こちらの仕事でも非常に優秀な事で知られていたそうです。




一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る