TOPコラム岡山の著名人>井戸 泰

井戸 泰について

『ノーベル賞候補・井戸 泰』

解説

 岡山県出身のノーベル賞受賞者は未だにいませんが、過去に候補になっていた人物は存在します。
 それが奈義町出身の医学者・井戸 泰です。

 稲田龍吉と共にワイル病の病原体を発見した業績で著名です。
 後に公開されたノーベル賞候補者のリストで、1919年の候補に挙げられていたことが判明しています。

 しかし井戸 泰は同年の5月に逝去しています。
 この時に実際に受賞の運びになっていたとしても、ノーベル賞の受賞対象である『受賞者発表時点で生存している人物』に該当しないため、井戸 泰はどちらにしても受賞する事は叶わなかったのです。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る