TOPコラム岡山の著名人>岡 利勝

宇喜多堤と岡 利勝

『宇喜多堤と岡 利勝』

解説

 かつて干拓の為に倉敷、早島の辺りに築かれた汐止め堤防の宇喜多堤。
 これを作ったのは宇喜多家の家臣である岡 利勝です。

 実はこの堤防を作る際に、岡 利勝はある体験が役立ったそうです。
 それが【備中高松城の水攻め】です。

 岡 利勝は水攻めの際に出陣し、堤防工事に携わっていたのです。
 その際の経験が宇喜多堤に活かされているのだそうです。

※岡 利勝の名前に関しては岡 家利とする説もあります。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る