TOPコラム岡山の著名人>上垣源夫

岡山初の牛乳屋

『岡山初の牛乳屋・上垣源夫』

解説

 岡山県で初めて牛乳屋を開業したのは、上垣源夫という人物です。
 1919年の事ですが、現在の牛乳屋とは少し様子が異なります。

 彼が牛乳屋を営む為に飼育していた牛は、なんと和牛がたった1頭のみです。
 大きな牧場を持ち、何頭もの牛を飼育する…そんな牛乳屋のイメージとは随分と違うのではないでしょうか?

 当時の牛乳は高級品だったのです。
 主に病人が栄養補給をする為に飲まれていました。
 販売価格も1合がお米1升分に相当しており、商売としては充分に繁盛したそうです。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る