TOPコラム岡山の著名人>万納屋利吉

万納屋利吉

『実業家・万納屋利吉』

解説

 岡山市北区の清輝橋の北の辺りに、小さな橋がかかっています。
 これは第一万納屋橋という橋で、1907年に個人の寄付によって出来た事から、その人の名前が橋の名前になっています。

 この橋を架けたのは万納屋利吉(本名・坪田俊吉)という実業家です。
 彼は日用品販売の商売で稼いだお金で慈善事業を広く行っており、第一万納屋橋もその内の一つです。

 橋は他に2箇所ありますが、第二は鉄筋コンクリートに作り変えられており、第三の橋は残念ながら現存しません。
 橋の架かる小原町町内会の案内によると、橋の他にも無料宿泊所の整備、学校への多数の傘の寄付など、様々な慈善事業を行っている事が伝えられています。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る