TOPコラム岡山の著名人>池田治政

池田治政

『越中に越されぬ山・池田治政』

解説

 岡山藩の第五代藩主の池田治政は剛毅果断と評された豪胆な正確で有名な人物です。

 特に老中の松平定信の寛政の改革で打ち出された倹約令には否定的な態度を示しており、あえて江戸へ向かう大名行列を豪勢に編成するなどしました。

 この様子を見た江戸の人々は「越中(=松平定信)に越されぬ山が二つある、京で中山(=中山愛親)、備前岡山(=池田治政)」とうたったそうです。

 この他にも、大名屋敷ばかりを狙っていた窃盗犯の田舎小僧を見つけるや、助けも呼ぶでもなく一人で追い回し、大慌てさせるなど勇猛なエピソードで知られています。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る