TOPコラム岡山の著名人>長尾 隆

長尾 隆

『吹屋ふるさと村・初代村長 長尾 隆』

解説

 多くの観光客で賑わう吹屋ふるさと村。
 かつてこの地域の景観の保存の為に奔走した人物がいました。

 吹屋ふるさと村の初代村長、長尾 隆さんです。

 吹屋では1972年に町の一大産業であった銅山が閉山しています。
 それに伴い、銅山の副産物であるベンガラも産業としては収束していく事になります。

 そこで立ち上がったのがベンガラの豪商の家系である長尾 隆さんでした。
 吹屋の景観保全の為に吹屋の歴史などを調べ、県などへ陳情していきました。

 そしてその甲斐あって、1974年に岡山県のふるさと村に認定され、更に1977年には国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されました。
 現在の吹屋の観光産業の礎とも言える人物です。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る