TOPコラムコラム・岡山の事件簿>62.津山市主婦行方不明事件

未解決事件

【未解決】『容疑者は死亡、津山市主婦行方不明事件』

行方不明になった主婦


 2002年に津山市で54歳(当時)の主婦が行方不明になりました。
 午後5時頃に夫が帰宅すると、家は昼食が残され、風呂の水も出しっぱなしという状態でした。

 夫の帰宅後、家には主婦本人から2度連絡があります。
 1度目は午後6時過ぎには帰宅する事を告げます。
 そしてその事件を過ぎた午後7時過ぎに留守番電話へ自分が車で連れ回られている状況にあること、身の危険はないので警察に連絡しないように求めるメッセージが残されていました。

 しかし主婦は戻ることはなく、銀行からはキャッシュカードで計700万円が引き出されていました。
 

2人の容疑者


 この行方不明事件には早い段階で容疑者が浮上しています。

 複数の銀行のATMを使って現金を引き出した女性、そしてその共犯と見られる男性の2人です。

 女性は事件が発生した翌日もATMから現金を引き出そうとしました。
 その時点でATMはロックされていました。
 ATMはキャッシュカードを機械の中に回収、指紋から女性は特定されました。
 
 更に自動車のナンバーを読み取るNシステムなどの情報から、女性と面識のあるタクシードライバーの男性も特定されました。
 後の捜査では男性の軽自動車の中から主婦の血痕が発見されました。

 更にこの2人は事件の前に主婦の実家の住所を尋ねに家を訪ねるなどの怪しい行動も確認されています。

自殺した容疑者


 しかしこの2人は事件について語ることはありませんでした。

 男性は6月下旬に公園で首吊り死体として、そして女性は9月に山中で白骨化した死体となって発見されました
 どちらも自殺と見られています。

 事件に関わったと見られる2人の死亡によって、主婦の行方などに関する有力な情報は途絶えてしまいました。
 そして事件は未解決のまま現在に至ります。

 この事件についてはマスコミの加熱報道についても問題視された事例です。
 自殺した容疑者の男性は警察の捜査に先んじたマスコミの取材を受けており、自殺の際に残した遺書にはその事を批判する内容も含まれていたそうです。

 尚、主婦の行方や事件については津山警察署、岡山県警による捜査が続けられており、情報提供を求めています。
 事件前後で何か気になっている事などがある方は下記のリンクから、警察へ連絡して下さい。

 津山市主婦行方不明事件(岡山県公式サイト)


<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


写真提供:イラストAC


 -戻る-



ページトップに戻る