TOPコラムコラム・岡山の事件簿>4.岡山県南百万都市建設計画

幻の岡山市

岡山県南百万都市建設計画の頓挫』

岡山県南百万都市建設計画

 2009年、大掛かりな合併を行った岡山市は政令指定都市へ移行しました。
 しかし時代を遡る事数十年…1962年にも、岡山市は政令指定都市への移行目前まで進んだ事がありました。
 上の画像がその計画の際に浮上した新・岡山市で、黄色い部分が合併によって一つのしになる予定でした。(※島部分はそれぞれの所属の市町村に基づくものとします)
 1961年、時の県知事だった三木行治さんが提唱した大規模な市町村合併の計画が『岡山県南百万都市建設計画』です。

 岡山市、倉敷市という県内の二大都市を含む、合計33の市町村を合併する事によって、人口100万人で国内の他の都市に並ぶ規模の市を作る壮大な計画でした。
 実現していれば中国地方では、広島市より先に政令指定都市へ指定されていた可能性が高かったといわれています。
 

計画の概要

 大規模な合併計画が作られた背景には、飛躍的な成長を続ける水島臨海工業地帯の存在がありました。

 当時、水島の影響で周辺の開発が進むのは必至の情勢でした。
 しかし日本の従来の都市部が余り計画を立てず、雑多に発展していった事を鑑みて、新・岡山市は計画的に作り上げていく事で、効率よく、そして地域の格差も抑えた理想的な都市を目指そうというのがこの計画でした。

 また、様々な恩恵があった当時の新制度である『新産業都市(現在は廃止)への指定を受け易くするための計画でもありました。

反対の3市

 合併の計画は途中まではとんとん拍子で進んでいきました。
 しかし途中から岡山市倉敷市児島市が合併に対して、反対の立場をとるようになっていきました。

岡山市
 合併する市町村の中でも最大規模の岡山市にとって、他の市町村との合併は実は余りメリットがありませんでした。
 合併後はとても大きな市になる事から、従来のような手厚い行政サービスが受けられなくなるのではないかとの懸念等から、合併に反対したようです。

倉敷市
 倉敷市は合併の根底にある水島臨海工業地帯を抱える市です。
 既に当時から水島から得られる税収が膨大な金額になっていました。

 多くの自治体との合併によって、大きな市全体に税収が分配されるより、現状のままで合併をしない方が好ましいと考えたようです。

児島市
 岡山、倉敷が合併のメリットが少ないことを懸念したのに対し、児島市は都市としての方向性に問題を感じたようです。
 新・岡山市は計画的に都市を形成していく事を掲げていました。
 その中で児島市は観光の都市として開発を進めていく事が予定されていました。

 しかし水島から近い児島地区の人々は不安定な観光よりも、立地を活かして工業地帯に関連する企業/工場の誘致を望んでおり、その為に計画に反対したようです。

 しかし県は強気に計画を進めていきました。
 そして、事件が起こります。

強硬な合併計画の阻止

 皆様もご存知の通り、この大規模な合併計画は頓挫しました。

 では、何処の段階まで進んで、話が立ち消えになったのか?
 実は合併の調印式当日に、話は頓挫しました。

 倉敷市の市長が必要な書類に記入をしないまま、公印を隠して東京へ失踪してしまったのです。勿論、理由は合併反対の為です。

 これによりギリギリのところで新・岡山市の誕生は阻止されました。
 そして先述の岡山、倉敷、児島の三市が合併計画から正式に抜ける事を表明しました。
 中心となる市が抜けてしまった為に、他の自治体が合併する意義は失われ、計画は事実上の終焉を迎えてしまいました。

 岡山市はこの後、県主導ではなく独自に政令指定都市を目指す事になります。
 そして、政令指定都市への移行の基準を緩和する等の特例が出された『平成の大合併』の際に、70万人程度とされた基準をクリアして、長年の目標であった政令指定都市への移行を果たしたのです。
 

<<前のページへ  TOPへ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像
『幻の新・岡山市』





 -戻る-



ページトップに戻る