TOPコラム岡山で起こった事>23.美作の踊る猿

猿

『美作の踊る猿』

美作の踊る猿

 鎌倉時代に、美作で捕獲された変わった動物が将軍・藤原頼経の下へ献上されたという伝聞があります。

 その動物とは猿です。
 ただの猿ではなく、まるで人間のように舞い踊る特技を持っていたそうです。

 頼経は息子の頼嗣と共にその舞いを楽しんだのだとか。

猿のその後

 将軍に献上された猿はそのまま飼育されることになりました。

 しかし途中で馬に背中を噛まれてしまいます。
 どういう具合か、それ以降は踊らなくなってしまい、ただの猿になったのだとか。



<<前のページへ
  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『猿』





 -戻る-



ページトップに戻る