TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市加茂町物見

地名の由来:物見/物見峠

地名の由来

 津山市に物見、物見峠という地名があります。
 これらは物見が鳥取県との県境、かつては国境に面した地区であることに由来します。

 国境周辺は勢力争いの戦が起こりやすい場所です。
 物見の辺りでもそれは同様でした。
 敵襲に備えて監視役である【物見】を置いた事から、物見という地名が生まれたと考えられています。

別の説

 物見の地名の由来には、前述のものとは別の説も存在します。

 物見峠の辺りに位置する桜尾山は、かつて風光明媚な山として知られていました。
 峠から山の様子がよく伺える…という事から、物見となったとする説です。

 見る対象が敵と風景では大きな違いですが、何かを見たという点では共通しています。


 -戻る-

関連リンク


写真:籾保の風景
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る