TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市河面

地名の由来:河面

地名の由来

 津山市に河面という地名があります。
 読み方は【コウモ】です。

 河面の地名は地形から生まれたものです。
 加茂川に面している地域である事から、河に面する…で、河面という地名になったのです。

清瀧寺

 河面には墨池山清瀧寺という寺院があります。
 821年に嵯峨天皇が弘法大師に命じて創建させたという非常に長い歴史のある寺院です。

 墨池山という山号は弘法大師が筆を洗ったと伝えられている墨池に由来します。
 墨池はとても小さな池ですが、現在も残されています。


 -戻る-

関連リンク


写真:河面の風景
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る