TOP備前県民局エリアの地名の由来>玉野市・天馬町

地名の由来:天馬町

珍地名・天馬

 玉野市宇野の両備バスの停留所に天馬町というものがあります。
 天馬といえば、翼の生えた馬…伝説上にのみ存在するペガサスの事です。
 これはなかなか珍しい地名です。

 各地の地名を見ると、伝馬や伝馬町の地名は散見されます。
 伝馬はかつて物流や人を運ぶために用いられていた馬のことで、伝馬町はその際の拠点となる場所として設けられていました。

地名の由来

 それでは玉野市の天馬町の地名はどのようにして生じたのでしょう?

 実は天馬は天満が転じて生まれた地名です。
 天満宮を祀っていたことから、天満町となり、後に感じが転じて天馬町となったのだそうです。

 現在は住所表記上は使われておらず、天馬町のバス停がある辺りは玉野市宇野2丁目、5丁目付近となっています。


 -戻る-

関連リンク


写真:天馬町バス停周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る