TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市中区・当摩

地名の由来:当摩(岡山市中区米田)

地名の由来

 岡山市中区米田地区に当摩(たいま)という地名があります。
 當麻神社や地蔵堂などに名前があるので、地元の方には親しみのある地名ではないでしょうか。

 この地名は人名に由来する地名だと考えられています。
 日本地名大辞典では候補として、7世紀中ごろの吉備国守・当摩広島と、8世紀後半の備前国守・当摩王の名前を挙げています。

当摩の歴史

 当摩は同名の荘園から当摩村と名乗っていました。
 漢字には多少のブレが見られ、"当麻"と書かれることもありました。

 前述の當麻神社は昭和の時代に移転していますが、当摩地区の氏神です。
 1875年に岩間村と合併して米田村になり、現在は岡山市中区に属しています。 



 -岡山の地名一覧へ戻る-

関連リンク


写真:地蔵堂周辺の風景
写真:Googleマップ

ページトップに戻る


]