TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市東区西大寺松崎

地名の由来:西大寺松崎

地名の由来

 岡山市東区西大寺松崎は、戦前の英雄である児島高徳の甥とされる松崎彦四郎範家が住んでいたとされる地区です。

 屋敷があったとされる場所に松の老木があり、それが松崎の地名になったのではないかと考えられています。
 現在、同地区内に松崎彦四郎範家候墓所があります。

 幾度かの合併の後に西大寺市松崎となり、西大寺市と岡山市が合併した際に旧市名である西大寺を冠して西大寺松崎の地名に改められました。

児島高徳

 児島高徳は戦前の日本における歴史ヒーローの一人で、高い人気を誇っていました。
 
  南北朝時代の忠臣として知られています。
 特に後醍醐天皇が隠岐へ流された際には奪還の為に奔走、桜の木に天王を助けることを誓ったメッセージを込めた【白桜十字詩】と呼ばれるエピソードが広く知られています。

 松崎彦四郎範家は児島高徳を助けて勇敢に戦ったエピソードがあります。


 -戻る-

関連リンク


写真:西大寺松崎周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る