TOP備前県民局エリアの地名の由来>赤磐市・熊山地域

地名の由来:旧・熊山町(赤磐市)

地名の由来

 赤磐市の熊山地域の地名は、地域内にある熊山に 由来しています。
 後述の通り、地域内で霊山として信奉を集めていたことから、山の名前を地名としていただいたのでしょう。

 県の南部地域では非常に高い山で、かつての備前国では随一と謳われた標高は507.8mです。

 かつては熊山町という独立した自治体でしたが、2005年3月に赤磐郡の内の赤坂町・熊山町・山陽町・吉井町と合併して赤磐市とな りました。  

ピラミッド!?熊山遺跡


 熊山の頂上付近には、まるでピラミッドのように見える熊山遺跡があります。

熊山遺跡

 まさかピラミッド!?…と思ってしまいそうな外観です が、これは仏塔だと考えられています。
 周辺ではたくさんの基壇が発見されており、かつて熊山が霊山のような存在で、仏教が盛んな山であった事を伺わせます。



 -戻る-

関連リンク

写真:上・熊山駅、下・熊山遺跡
写真提供:上・Googleマップ、下・岡山県

ページトップに戻る