TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市南区・甲浦

地名の由来:甲浦

甲浦とは

 岡山市南区に甲浦と呼ばれる地域があります。
 現在の地名で言うと、岡山市南区飽浦、北浦、郡、宮浦の地区が該当します。

 これは元々甲浦村と呼ばれる村だった区域です。
 1952年に岡山市へ合併した際に住所表記から甲浦の地名は消えました。
 しかし、現在でも学区名や小学校名、郵便局名などとして用いられているので、多くの人が目にすることのある地名となっています。

地名の由来

 甲浦という地名は金甲山との位置関係に由来する地名です。
 甲浦は金甲山の麓に位置しているので、金甲山の下にある浦(海岸地帯)という意味でから甲浦という地名が誕生しました。

 旧甲浦村と同じく岡山市と合併した旧小串村を合わせて、児島地域と呼びます。
 この地域センターの建物は、甲浦村の役場だった建物です。



 -戻る-

関連リンク


写真:児島地域センター
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る