TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市下倉

地名の由来:下倉

地名の由来

 総社市にある下倉の地名は、かつて備中松山藩年貢米を集荷する米蔵が置かれていた事に由来する地名です。
 ここから高梁川を航行する高瀬舟で輸送していたのです。

 下の蔵があるのなら、近くに上の蔵もあるのでしょうか?
 これは半分正解で、総社の下の蔵と対になる上の蔵も存在します。
 しかし決して近くではなく、新見市にありました。

 やはり米倉が置かれていた地区で、こちらが上倉と呼ばれていました。

上倉

 上倉は資料によると新見市の石蟹郷村(現在の新見市石蟹周辺)にあったそうです。
 石蟹郷村は旧新見市(1954年発足、2005年に現新見市へ)の前身の一つです。

 しかし上倉の方は住所表記上の大字などには残されていません。



 -戻る-

関連リンク


写真:下倉の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る