TOP備中県民局エリアの地名の由来>笠岡市茂平

地名の由来:茂平

地名の由来

 笠岡市茂平の地名は、かつての風景に由来するものです。

 平の字は陸地を意味しています。
 そしては藻の漢字が転じたものです。
 海に面しており、藻が流れ着いてくる土地であることから、藻平となり、漢字が転じて現在のような茂平の地名になったと伝えられています。

あわや越境合併!?

 笠岡市は現在でも隣の広島県福山市との結びつきが強い市です。
 その中でも茂平は隣接していることから、古くから岡山県内の他地域よりも福山との生活的な結びつきもそちらの方が強い地域でした。

 その為、過去に福山市との越境合併が持ち上がったことがあります。
 この騒動が起こる前に、日生町(現・備前市)の一部地域が赤穂市と県境を超えた合併をした為、茂平地区も同様の流れを考えたのです。
 しかし県を超えた合併が続き、県域が狭くなることを恐れた岡山県の反対などもあり、これは実現しませんでした。
 しかし現在でも茂平地区の小学生は福山市の野々浜小学校へ県を越えて通学しています。
 


 -戻る-

関連リンク


写真:茂平の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る