12月16日-紙の記念日 岡山では水車で知られる夢すき公園がある

12月16日-紙の記念日 岡山では水車で知られる夢すき公園がある
12月16日-今日は何の日?

今日は紙の記念日です。

1875年に抄紙会社という製紙会社の工場の営業運転が始まった事に由来します。
この抄紙会社が現在の製紙会社のトップと2位である王子製紙(王子ホールディングス)と、日本製紙の起源です。

戦時中には王子製紙・富士製紙・樺太工業の三者で大王子製紙を発足させるなど、全盛期を迎えました。
しかし敗戦により国外の拠点を失った上に、財閥解体を受けて苫小牧製紙株式会社・本州製紙株式会社・十條製紙株式会社を後継会社として分割されました。

現在の王子製紙は苫小牧製紙と本州製紙が合流したもので、日本製紙は十條製紙に由来する企業です。




岡山では水車で知られる夢すき公園がある

岡山で紙といえば夢すき公園が有名です。
園内にある紙の館では備中北部で古くから伝わる奥備中神代和紙の歴史を学べます。
他にも
紙漉き体験で団扇やハガキを作ることが出来ます。

…が、夢すき公園といえばなんと言っても日本一の親子孫水車でしょう。

写真提供:岡山県

その名の通り日本一の大きさを誇る親子孫水車です。
元々は親子水車で日本一でしたが、より大きな水車が出来た為に日本一の座からは陥落してしまいました。
そこで孫水車を加えることで、日本一の親子孫水車として返り咲いたという、ちょっとユニークな経緯があります。

 

紹介

岡山県の地名の由来、郷土史を扱うWEBサイト・岡山の街角からを運営しています。 このブログでは今日は何の日?をお題に、岡山県の話題をご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*