TOP岡山の歴史的建造物>旧山手村役場

旧・山手村役場

旧山手村役場

詳細

旧・山手村役場(写真は外から)
所在地:岡山県総社市上林1214-1
旧所在地:都窪郡山手村大字地頭片山(現在の総社市)
使用期間:1902年~1968年(山手村役場として)
駐車場:備中国分寺のものが利用可(無料、普通車200台、バス15台)

国登録:有形文化財(2007年10月2日登録)
見学:無料(9:00~16:30)

関連リンク:総社市による紹介ページ
地名の由来:総社市

旧山手村役場

 備中国分寺方面から備中国分尼寺方面へ向かう途中に、民家のような古めかしい建物があります。
 これは山手村(現在は総社市と合併)の旧村役場として利用されていた建物です。
 ※合併後に総社市役所山手支所として使われるようになった建物の前に使用されていた役場です。

 元々は山手村の初代村長である風早雲嶂が自宅として建てた建物で、死後に山手村が買い取って村役場として利用していました。
 場所も山手村大字地頭片山の辺りにあったそうで、現在の地へ移転したのは村役場としての利用が終了して少し経った1972年の事です。

建物の特徴

 広くてしっかりとした作りの屋敷ですが、土間には風早雲嶂が自宅として使っていた頃の名残か、かまど等の日用品が残されています。
 事務的な機能を持つ建物としての面影は見られないため旧村役場としてよりも、当時の人々の生活を垣間見ることが出来る場所としてお勧めのスポットです。

 尚、役場としては1902年から利用されていましたが、建築されたのはそ幕末~明治初期だと考えられています。

 この建物のすぐそばには岡山市にあった茶屋の建物である旧松井家住宅も移築、保管されています。
 どちらも見学に費用はかからないので、訪れた際にはチェックしておきたいですね。

マップ



 -戻る-


写真:旧山手村役場
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る