トップ観光歴史的建造物>歴史的建造物を尋ねる旅

    矢掛本陣

矢掛本陣 観光情報

矢掛本陣(写真は本陣の内部)
国指定:重要文化財(本陣、脇本陣)

□ 本陣・旧矢掛本陣石井家
所在地:小田郡矢掛町矢掛3079
入園料(3月~10月9:00~17:00、11月~2月9:00~16:00)
400円(高校生以上)
200円(小中学生)
※団体割引有り
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:無料
関連リンク:矢掛町の紹介ページ

□ 脇本陣・旧矢掛脇本陣髙草家
所在地:小田郡矢掛町矢掛1981
入園料(開館日は土、日10:00~15:00))
300円(高校生以上)
150円(小中学生)
※大人料金は団体割引有り
関連リンク:矢掛町の紹介ページ

写真提供:岡山県
 かつて矢掛町は大名が宿泊する為に用意されていた宿場町に指定されていました。(51宿の内、18番目)
 その頃の本陣は、現在でも本陣、脇本陣共に残されています。
 本陣というのが大名達の宿泊の為に用意されていたもので、脇本陣というのは宿泊する藩が重複した場合や、人数が多くて本陣だけに収まりきらない場合などの為に用意された予備の本陣です。
 矢掛町の本陣、脇本陣はそれぞれ国指定の重要文化財に指定されています

 本陣を営んでいたのは酒造を手がける石井家、歩いて2~3分程度の距離の場所にある脇本陣を営むのは両替商の髙草家でした。
 両家とも現在でも昔と変わらぬ本陣の名残を残している貴重な歴史的資料の価値がある建物です。
 もし観光に来られるなら、本陣と脇本陣の双方が営業日に当たる土、日がお勧めです。(実際の営業日は事前にご確認下さい)

 11月には矢掛宿場祭りという祭りが開催され、大名行列を模した扮装をした人々によるパフォーマンスが行われ、本陣として賑わっていた頃さながらの活気に町が包まれます。


TOPへ戻る




大きな地図で見る

近くのお勧め宿泊施設

料理旅館 鶴形
矢掛町からは少し離れますが、本陣を見て江戸時代に気分がタイムスリップしたなら美観地区の旅館がお勧め!
1日過ごしたら、心の洗濯が出来ますよ♪

ページのトップへ戻る