TOP岡山のパワースポット>徳守神社

徳守神社

詳細

主祭神天照大日瑠女命
旧社格:県社
所在地:津山市宮脇町5
駐車場:無し
参拝は24時間可

神社の歴史

 津山市の市街地に、大きな神社があります。
 それが今回紹介する徳守神社です。

 所在地の宮脇という地名は、地区の一角に徳守神社があることから、宮脇にある地区という意味から生まれたと伝えられています。
 現在の社殿は、森 長継が津山藩主だった時代(1652〜1674年まで)に建てられた社殿で、それ以前の社殿は境内社の住吉神社として残されています。

 森家は津山城下町の総鎮守として徳守神社を手厚く保護しており、現在地に移転させたのも森家で、元々は津山市小田中にありました。

日本三大神輿

 徳守神社には非常に立派な神輿があります。
 まるで黄金のような色にをした華美な物です。
 1809年に造られた神輿で、重さはなんと1tもあると言われています。
 
 10月の秋祭りの際に神輿が出るのですが、必要となる担ぎ手は170人!
 神輿の大きさを物語る数字ですね。

 津山市の民族有形文化財に指定されています。

お花の宮

 徳守神社の境内には、お花の宮の愛称で知られる【善神社】があります。
 これはお花という女性を祀っています。

 お花は
森家の家老・原 十兵衛の家に奉公に出ていましたが、不慮の事故で原家の赤子を死なせてしまいます。
 この出来事を恨んだ母によって、お花は殺害されてしまいました。

 それ以降、原家にはお花の怨霊が現れるようになり、とうとうお花を殺した母親は精神的に病んで亡くなってしまいました。
 その出来事を受け、お花の霊を慰めるために建立されたのが善神社です。

 善神社が出来て以降は、原家に異常な出来事は起こらなくなり、神社は女性の守り神として広く信仰を集めるようになりました。

マップ





 -戻る-

関連リンク


写真:神社の外観
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る