TOP岡山のパワースポット>誕生寺(久米南町)

誕生寺の練り供養

法然生誕地・誕生寺

詳細

宗派:浄土宗
所在地:久米郡久米南町誕生寺里方808
国指定:重要文化財(御影堂、山門)
登録有形文化財:無垢橋
その他、岡山県指定多数あり

法然の生誕地

 久米南町にある栃社山・誕生寺は、浄土宗の開祖とされる法然上人の生誕地に建立された寺院で、本尊も法然です。(正確には死後に贈られた諡号の圓光大師として)

 このお寺を建立したのは熊谷直実という人物です。
 なんと武将から出家したという経歴を持つ方です。
 戦国武将として多くの生き死にに接する事へ無常を感じていた際に、色々な話をし、出家する事を決意するに至らしめた相手こそが、法然上人だったのです。
 そうした感謝の念を込めて建てられたのが誕生寺です。

 境内には国指定、岡山県指定の貴重な文化財が多く見られるほか、毎年4月の第3日曜日に催される練供養日本の三大練供養の一つに数えられる事もあり、多くの方が参加されています。

八百屋お七の振り袖

 ところでこの誕生寺にはもう一つ有名な人物とのかかわりがあります。
 それは『八百屋お七』です。
 おななのことをご存じない方の為に簡単に解説します。

 江戸の八百屋の娘であるお七は、火災にあった際に、近所にあったお寺へ避難していましたが、ここで出会った若い寺小姓(僧侶の身の回りの世話をする人)と恋に落ちます。
 やがて自宅も建て直されて家に戻るのですが、お寺に留まっていた頃のようには会うことが出来ず、小姓への想いは募るばかり。
 また火事が起これば、一緒に居られると思ったお七は放火をしてしまうのです。
 木造建築の家が所狭しと建ち並ぶ江戸において、火災は大罪です。
 大した被害は出なかったと伝えられていますが、お七は極刑である火刑となりました…。
 
 誕生寺にはこのお七の位牌と振袖が収められています。
 江戸では極刑となり、更に話題となってしまった娘をゆっくり供養する事が出来ないと思った両親は、娘の死後16年が経った時に、行事に参加する為に江戸を訪れた岡山の僧侶へ、娘の位牌と振袖を渡して、供養を依頼しました。
 このお寺が、誕生寺だったのです。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:誕生寺の練り供養
写真提供:岡山県

ページトップに戻る