TOP岡山の歴史的建造物>高松城(備中国)

備中高松城址

備中高松城

詳細

国指定:史跡
所在地:岡山市北区高松
建設:1335年
営業時間:24時間見学可
(資料館は10:00~15:00)
入場料:無料

岡山にもあった!?松山城

 高松城と言えば岡山県の隣県、香川県の高松市にある玉藻城こと『高松城』が思い浮かぶ方も多いのでしょう。
 しかし岡山市北区の高松にある高松城は、学校で誰しもが一度は勉強した歴史の舞台になったお城です。

 備中高松城は三村家の家臣だった石川家が築城したとされています。
 備中兵乱の際に三村家が敗北し、清水宗治が城主となりました。
 その後、この城は織田信長が毛利家を攻めようとした中国攻めの際に後の豊臣秀吉(当時は羽柴姓)によって落とされてしまいます。

 備中高松城は広い堀を持ち、また周辺を湿地帯に囲まれている事もあり、防御に優れた城だった為、秀吉も苦戦を強いられました。
 しかし、低湿地帯を利用して作られた城の立地と梅雨の時期だった事を利用して、城の周辺を堤防のように工事を施し、城は陸の孤島にさせられてしまったのです。
 周囲を水に囲まれた為、補給物資や、援軍を待つ事も出来なくなりました。

 この奇抜な手法は、後に『高松城の水攻め』として知られる事になります。

中国の大返し

 さて、この城がどうして歴史で勉強する舞台になるのかについて説明します。
 備中高松城の落城寸前に起こった織田信長が『本能寺の変』で命を落とします。

 高松城を攻略している真っ最中だった秀吉は、清水宗治の切腹を条件に和議を成立させ、そこから僅か10日ほどで京都まで引き返し、明智光秀との決戦へ挑む事になります。
 この強行軍の事を『中国の大返し』と呼びます。
 この中国の大返しのスタート地点こそが、備中高松城だったのです。

 くしくも大きく歴史が動いた瞬間の舞台となったのが、この高松城なのです。

現在の様子

 清水宗治が切腹した後に、城は新たな城主を迎え存続していました。
 しかし江戸時代の初期に廃城になりました。

 現在、城址は公園として整備されています。
 天守閣などの建物の遺構は残されていませんが、配下の為に切腹をした清水宗治さんの首塚や、備中高松城に関する資料館などがあります。

 また周辺では水攻めの際に秀吉さんが作ったとされる堤防の跡が発掘されています。


 -戻る-


写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る