TOP岡山の歴史的建造物>岡山城天守閣

岡山城天守閣

岡山城天守閣

詳細

国指定:重要文化財、史跡
別名:烏城(城が黒いため)
所在地:岡山市北区丸の内2-3-1
営業時間:9:00~17:00(通常時)
入館料:大人:300円(15歳以上)、小人:120円 (5歳~14歳)
関連リンク岡山城公式サイト

築城までの経緯

 岡山城のある場所には、そもそも正平年間(1346年~1369年の間)の頃からお城はあったそうです。
 これを現在ある岡山城の形に作り上げたのは宇喜多秀家です。

 元々、すぐ近くの石山(地名)に『石山城』を築いていましたが、父親である直家が下克上で成り上がって行った事で、秀家さんが跡を継ぐ頃には、宇喜多家は57万4,000石という非常に大きな石高を持つ大名になっていました。

 大名としての格に見合う城を整備しようという事で建てられたのが岡山城です。
 8年間に及ぶ工事を経て、1957年に完成しました。
 尚、築城された場所が『岡山』と呼ばれる小さな丘だった事が城の名前となり、地名としての岡山の起源となっています。
 

岡山城と豊臣秀吉

岡山城と旭川 岡山城の建築に深く関わっている人物として、豊臣秀吉がいます。
 当初の計画では従来の拠点だった石山城を拡張していく計画だったのが、豊臣秀吉の判断により、城の中心部自体を移転させる方向に変わったのです。

 宇喜多秀家は、豊臣秀吉に寵愛されていました。
 彼の名前に含まれる『秀』の字は、『秀吉』から一字を頂いたもので、奥様も秀吉の娘(養女)である豪姫です。

 秀吉さんも可愛い夫婦のために気合を入れて指示をしたのかもしれませんね。

 しかしその為に岡山城は難工事を強いられる事になります。
 秀吉さんの案を採用した事により、城の左手側の防備が弱くなってしまうので、旭川の流れを変える事で、天然の巨大な堀とすることになりました。
 この工事は後に岡山城下で水害が多発する原因となり、水量を調整する為に百間川を整備する事となったのでした。

特徴

 岡山城の特徴として、まず目につくのが漆黒の外観です。
 この外観から岡山城には別称として『烏城』(うじょう)の名前が知られています。
 隣の兵庫県にある姫路城の『白鷺城』の名前は、黒の烏城と対照的な白のお城という事で呼ばれるようになったという説もあるそうです。

 そして天守台が不等辺五角形をしている事も大きな特徴です。
 この形は非常に珍しいもので、一説には織田信長の『安土城』を模倣しているとも伝えられています。
 安土城は信長さんの死後、程なくして焼失しており、現在にその正確な形を伝える資料が少なく、岡山城には安土城の面影を求めて訪れるファンの方もおられるそうです。

歴代城主

 初代城主である宇喜多家は関ヶ原の戦いへ敗退した西軍として参戦しており、合戦後に八丈島へ流されてしまいます。
 後にその関ヶ原の戦いで決定打となる寝返りを行った小早川秋詮が配置されますが、2年後にお子さんがいないままに亡くなってしまい、江戸時代初の無嗣改易となりました。

 その後、池田家が岡山城の城主として明治時代まで続きます
 しかし池田忠継、その弟の忠雄と、歴代の城主が続けて若くしてお亡くなりになってしまい、跡継ぎである忠雄の息子がまだ幼い事や、岡山藩が交通の要所であることから、忠雄の甥に当たり、鳥取藩の藩主だった池田光政と、入れ替わることになりました。

 この後は光政さんの血筋のまま、明治維新を迎えます。
 岡山城は池田忠雄の代でひと通りの完成を見たものとされています。
 また藩としての方向性は池田光政さんの政治によって定められたと言われ、現在まで続く『教育県』としてのあり方にも強く影響していると言えるでしょう

後楽園

 日本三名園の一つに数えられる岡山後楽園は、岡山藩の大名庭園として作られました。
 この事業に着手したのは光政さんの後を継いだ池田綱政の時代です。
 財政も落ち着き、百間川の工事により、洪水の被害も少なくなり、岡山藩が安定した頃の出来事でした。

 1700年に完成した事になっていますが、以降も歴代藩主の好みに合わせて手が加えられて少しずつ形を変えていきます。

明治維新以降

焼失前の岡山城 明治維新の後に廃城令が出され、全国で多くの城が取り壊されました。
 岡山城は堀や幾つかの設備が撤去されてしまったものの、天守・月見櫓・西之丸西手櫓・石山門といった建物は残され、岡山市のシンボルとして親しまれていました。
 しかし岡山大空襲の際に天守閣、石山門は焼失してしまいました。
(写真は焼失前の天守閣)

 現在見られる天守閣は1966年に再建されたもので、コンクリートで作られ、建物の外観を焼失前の建物に合わせたものです。
 内部は近代的な博物館になっており、岡山藩や岡山城の歴史を学ぶ事が出来ます。

 また、城内には『お城茶屋』という喫茶店まで用意されています。


 -戻る-


写真提供:岡山県

ページトップに戻る