トップ観光歴史的建造物>歴史的建造物を尋ねる旅

    小田県庁跡

小田県 豆情報

小田県庁跡(写真は現在も残されている門)
市指定:史跡(県庁門)
所在地:笠岡市役所前、現・笠岡小学校

小田県(旧・深津県)
1871年発足(小田県への改名は1872年)
1875年岡山県と合併により、小田県消滅
県域:備中エリアと、備後(福山)エリア
※後に備後エリアは広島県へ移管
関連リンク:笠岡市の紹介ページ

写真撮影:岡山県
 小田県・県庁跡
 笠岡市の市役所付近を走ると、笠岡小学校が見えてきます。
 この小学校には、学校の雰囲気とは似ても似つかぬ、立派な校門が備わっています。
 小学校自体は近代的な作りなのに対し、その一角だけ時代が遡ったかのような昔ながらの日本家屋を思わせる門があるのは、ここが旧小田県の県庁の跡地だからです。

 小田県とは
 小田県は廃藩置県の際に誕生した県で、現在の備中エリアから、広島県福山市のエリアまでを含む、中国地方周辺でもかなり大きな規模の県でした。
 この門はその県に見合うものを用意すべくわざわざ妹尾(岡山市)の戸川陣屋から移築したと言われています。

 ちなみにこの場所は更に時代を遡ると代官所だったそうで、現在は笠岡市役所が徒歩1分もかからない場所にあり、なんと古来より政治の中心となる場所なのでした。


TOPへ戻る




大きな地図で見る

近くのお勧め宿泊施設

高松屋旅館
県庁跡からも程近い場所にあるアットホームな旅館です♪
長期滞在の場合は食事の好みも確認してくれるそうですよ。

ページのトップへ戻る