TOP岡山の歴史的建造物>小田県 県庁跡

小田県・県庁跡の門

豪華すぎる校門!?小田県・県庁跡

詳細

小田県庁跡(写真は現在も残されている門)
市指定:史跡(県庁門)
所在地:笠岡市役所前、現・笠岡小学校

関連リンク:笠岡市の紹介ページ

小田県・県庁跡

 笠岡市の市役所の近くに笠岡小学校があります。
 この小学校には、学校の雰囲気とは似ても似つかぬ、そして非常に立派な校門が備わっています。

 小学校自体は近代的な作りなのに対し、その一角だけ時代が遡ったかのような昔ながらの日本家屋を思わせる門があるのは、ここが旧小田県の県庁の跡地だからです。
 県庁の建物は現存しませんが、県庁の門だけは小学校の門として引き継がれ、現在でも使用されているのです。

小田県とは

 小田県は廃藩置県の際に誕生した県です。
 1871年に深津県として設置され、翌年に県庁所在地の郡名から小田県に改称されました。
 現在の備中エリアから、広島県福山市のエリアまでを県域としており、当時は中国地方周辺でもかなり大きな規模の県でした。
 しかし1875年に岡山県と統合されて消滅しました。
 廃藩置県後、現在と比べると膨大な数の県が誕生した為、権の合併が進められていたのです。

 県庁の門は広い県域を持つ小田県(深津県)に見合うものを用意すべく、わざわざ岡山市南区妹尾の戸川陣屋から移築したものでした。

マップ


大きな地図で見る


 -戻る-

関連リンク


写真:県庁跡の門
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る