TOP岡山のパワースポット>明王院

明王院

明王院

詳細

通称:明王院
宗派:天台宗
所在地:浅口市鴨方町六条院中4571
駐車場:有り

最澄開創の寺

 浅口市鴨方町の明王院は、入唐の際に立ち寄った最澄が創建した歴史のある寺院です。
 後に最澄の弟子である円仁が秘密灌頂の道場として用いたとも伝えられています。

 境内はとても広く、多くの木々が生い茂り、立派な庭園が整備されています。
 春はツツジ、秋は紅葉の名所としても知られています。

 客殿などの建物も立派で、立派な多宝塔もあります。
 ちなみにこの多宝塔は1988年に建てられた、比較的新しいものです。

安徳天皇ゆかりの地

 明王院には安徳天皇との関係も伝えられています。

 安徳天皇は満1歳4ヶ月という幼さで天皇になりました。
 無論、そんな年齢の天皇が実際に何かを取り仕切るわけでもなく、その実態は外祖父である平家の平 清盛が実験を握っているものでした。
 そして平家の滅亡と共にその地位を追われる事になり、行末を案じた祖母に連れられて入水、歴代天皇最年少で崩御しました。

 明王院はその安徳天皇の御在所である【穴泉の御所】が設けられており、実際に安徳天皇が滞在していた事もあるそうです。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:明王院
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る