TOP岡山のパワースポット>妙覚寺(岡山市)

妙覚寺

妙覚寺(岡山市)

詳細

通称:岡山妙覚寺(京都の妙覚寺と区別するため)
宗派:日蓮宗不受不施派(ふじゅふせは)
所在地:岡山市北区御津金川600
駐車場:有り


岡山の妙覚寺

 妙覚寺と聞くと、宗教に詳しい方でしたら日蓮宗の本山である京都府のお寺を思い浮かべるのではないでしょうか。
 それと同じ名前の寺院が岡山市にもあります

 二つの寺院の名称が同じなのは、偶然ではありません。
 そこには悲しい歴史の歩みがあったのです。

日蓮宗不受不施派とは

 岡山の妙覚寺は日蓮宗不受不施派の祖山とされています。
 この日蓮宗不受不施派というのは、日蓮宗から派生して出来た宗派です。

 豊臣秀吉の時代に、秀吉主催で千僧供養会(1,000人の僧侶を集めて行われる法要のこと)が行われました。
 当時の日蓮宗にも、この会合へ参加するように達しがあったのですが、この参加には一つの問題がありました。
 日蓮宗の宗祖である日蓮は、他宗派からの布施を受けてはならないとしていました。

 ここで時の権力者である豊臣秀吉の誘いを断る事は良くないとして、柔軟に対応するべきだとする一派と、日蓮の教えを厳密に護っていくべきだとする一派に分かれました。
 不受不施派とは、この時に後者の立場を取った日奥さんを派祖として、他宗派からの布施を受け取らない立場を貫いた派閥です。

弾圧の時代

 江戸時代になると、寺領や生活に必要な飲み水等も、全て施しであるとされ、不受布施の考えは禁教とされ、強い弾圧を受けることになります。

 江戸時代にはキリスト教の弾圧が知られていますが、実は不受布施派も同様の立場におかれていたのです。
 岡山は伝統的に日蓮宗の方が多く、不受布施派の方も多くおられたそうです。
 その為、岡山藩では全国的にも例を見ないほど、徹底した弾圧が行われる事になりました。

復興へ

 弾圧を逃れるため、不受布施派の人々は表面上は他宗派を信じるように装いながら暮らしていました。
 やがて江戸時代が終わり、明治時代になり、日正という僧侶が現れます。
 彼は隠れていた不受布施派の人々を再び集め、明治政府から公認を得るという形で宗派を再建したのです。

 岡山の妙覚寺は岡山の医師が所有していた家を利用して作られた、宗派再興の為の場所だったのです。
 そしてその場所には、かつて日奥さんが供養会への参加を巡って去らなければならなかった、京都の妙覚寺の名前をつけたのです。

 こうした歴史を知った上で見てみると、全国的にも弾圧が強かった岡山県に、しかも妙覚寺という名前のお寺を建てるなんて意味深な感じがしてきますね。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:妙覚寺の庭園
写真提供:岡山県

ページトップに戻る