TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>魔法神社

魔法神社

狸を祀る魔法神社

詳細

祭神:キュウモウ狸
別名、愛称:魔法様
所在地:岡山県総社市槁
駐車場:無し
参拝は24時間可

関連リンク:
総社伝説絵巻3 魔法様伝説

風変わり?狸を祀る神社

 総社市槁には、狛犬も無い鳥居も無い、そんな神社があります。
 名称も変わっていて『魔法神社』です。
魔法神社だ!
 この神社が祀っているのは、なんと狸です。
 …とは言っても、勿論ただの狸ではありません。この地に伝わる伝説の狸が祀られているのです。

キュウモウ狸の伝説

 神社の祭神である『キュウモウ狸』は、キリスト教の布教の為に訪れた宣教師と一緒の船で日本に来たといわれています。

 全国各地を放浪した後、キュウモウ狸は岡山県に定住して暮らすようになり、人々に混じって生活を送っていました。
 多少のイタズラはあったようですが、概ね人々に受け入れられていたようです。
 そしてある時、キュウモウ狸は一緒に暮らした人々への礼として、牛馬の守り神になることを約束したのだそうです。

 そうして建てられたのが魔法神社です。

神社名の由来

 狸を祀るという点も驚きですが、神社の名前もユニークです。
 魔法と言えば、神秘的な力を想像しそうですが、実は別の言葉が転じて魔法になったといわれています。

神社のある場所にかつて武士の間で信仰されることの多かった摩利支天の社があったそうで、これが転じて魔法になっていったそうです。
 陽炎を神格化した存在で、護身の神として信じられていた為、毛利元就や前田利家といった有名な武将も振興していた事で知られています。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:上・魔法神社、下・案内の碑石
写真提供:プランク

ページトップに戻る


00.