TOP岡山の歴史的建造物>倉敷天文台

倉敷天文台

詳細

倉敷天文台
所在地:倉敷市中央2-19-10
国指定:登録有形文化財(スライディングルーフ観測室)
  市指定:重要文化財(反射望遠鏡)

関連リンク:公式サイト

日本初の民間天文台

 倉敷市の市街地に、ひっそりと天文台が存在します。

 一般的に天文台は空を見るのに妨げになる照明などがない場所にあるものですが、倉敷天文台は倉敷市のまさに中心部に位置しています。
 現在の場所が天文観測にとっていい条件ではないのは明らかですが、天文台が作られたのは1926年の事で、当時はまだ倉敷市の中心部と言えども天体観測が充分出来ていたのです。

 倉敷紡績の重役で、倉敷町時代の町長も務めた原 澄治が出資して作られた天文台で、日本では初の民間天文台として誕生しました。l

 また研究者以外でも使用できるように公開された天文台としても、日本初でした。
 倉敷天文台が条件のいい場所に移転するでもなく、現在まで残され続けているのには、そうした歴史を重視しての事でもあるのです。
 

空に科学する兵士

 倉敷天文台といえば、生涯で11の新星と12の彗星を発見した世界的な天文家である本田 実が主事を務めていた事で知られています。

 途中、戦争に召集された時期もありますが、なんと戦地で敵軍残したレンズを用いて望遠鏡を作り出して天体観測を行っていました。
 その際に新発見ではなかったものの彗星を発見しており、新聞などで【空に科学する兵士】として大きく取り上げられた事で知られています。

 1990年に死去、倉敷市の名誉市民に指定されています。



 -戻る-

関連リンク


写真:倉敷天文台
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る