TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>木華佐久耶比咩神社

社殿

木華佐久耶比咩神社

詳細

祭神:木華佐久耶比咩命
    大山祇命
    大國主命
別名、愛称:福南山神社
所在地:倉敷市福江1671-4
駐車場:有り、無料
参拝は24時間可

関連リンク岡山神社庁内紹介ページ
      天地無用!聖地巡礼

木華佐久耶比神社とは

 水島インターから近い場所にある神社です。
 美の神や、池田藩藩累代の御祈願所の看板を掲げているので、神社そのものを見た事は無くても、存在を知っているという人は多いのかもしれません。
 住宅地からやや離れた場所なので、隠れスポット的な神社です。

 祭神は木華佐久耶比咩(木花咲耶姫)で、神社の名前にもなっています。

女子力アップの神社

 木花咲耶姫の名前には木の花(桜や梅など)のように美しい女性という意味が有ります。
 神社の神徳も美容増進縁結び安産機織…と、女性的な物が多く含まれているので、最近の言葉で言えば女子力アップのご利益がある神社です。

 また境内は神社の名に相応しく、季節折々の花々が見られ、春になると桜の名所として地域の人々に親しまれています。
 拝殿内で求められるお守りも、可愛らしいものが見られます。

歴史

 かつては現在よりもずっと高い位置にあったそうですが、火災に遭って元々の建物が焼失した事をきっかけに現在の位置へ移転しています。

 元々の場所は奥宮として残されており、そこへ上がるまでの道程は登山道として整備されています。

 奥宮周辺は有数の展望が楽しめる場所で、ちょっとした隠れスポットです。
 夜景も綺麗なのだそうですが、余り整備されているとはいえない道を30分程度は登っていかないといけないので、余りお勧めできません。

祭神・木花咲耶姫とは

 木華佐久耶比咩は、ニニギの妻として三人の神を生んでいます。
 その子供の内の一人であるホオリの孫が初代の天皇である神武天皇なので、木華佐久耶比咩は初代天皇のヒイおばあちゃんという事になります。
 このニニギの妻となる際には、姉の磐長姫と一緒にニニギの元へ送られていますが、お姉さんの方は見た目が美しくない為に帰されてしまいました。

 これが不服に思い、ニニギに見初められ妊娠をした妹を呪った事から、人の寿命は短くなってしまったとも言われています。

 ちなみに娘の一人を突っ返されたお父さんも怒ったそうですが、そのお父さんこそ祭神の一人でもある大山祇命です。

※コラムのページ内でこの神社を訪れた際の事を書いています♪
 奥宮なども紹介しているので、是非見てくださいね。
 リンク:コラムページ内『木華佐久耶比咩神社訪問記

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:社殿
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


00.