TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>子守神社

子守神社

子供の守り神・子守神社

詳細

主祭神:阿須波神、波比伎神
旧社格:無格社
所在地:岡山市北区野田屋町71
駐車場:無し、周辺にコインパーキングは多数あり
参拝は24時間可

市街地にある神社

 岡山市の中心部に位置する野田屋町を歩いていると、小さな神社があります。
 子守神社と呼ばれる小さな神社です。

 人が住むにも広いとはいえないくらいの敷地に、鳥居と小さな社が有るだけのシンプルな神社なので、気に留めずに通り過ぎていってしまう人もいるかもしれません。

 しかしこの神社には厚い信仰を集める、伝承が残されているのです。

子守神社の由来

 まだ岡山藩を池田光政さんが治めている時代、洪水によって石が流れ着きました。

 子供たちがそれを持ち上げて遊ぶ事を危ないと思った大人が、この石をどかしてしまおうと思ったのですが、子供に持ち上げられるはずの石がどうしても動かせません。

 その夜に夢枕で、
その石をきちんと奉れば、子供たちを病気や災害から守るというお告げがありました。

ご利益

 夢枕の言葉通りに石を奉ったのが、子守神社の始まりです。

 後の時代に、洪水が起こった際にその石につかまって助かるという出来事があり、広く信仰を集めるようになりました。

 現在でも子供の健やかな成長を祈る親が参拝する他、子授けや安産を願って訪れる人も多くいるのだそうです。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:子守神社
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る