トップ観光歴史的建造物>歴史的建造物を尋ねる旅

    勝山・町並み保存地区

勝山・町並み保存地区 観光情報

足守藩侍屋敷(写真は町並み)
所在地:真庭市勝山
県指定:町並み保存地区
建設:江戸時代中期
駐車場:無料
入場料:一部有料の施設有り
入場時間:施設による
関連リンク:真庭観光連盟による紹介ページ
写真提供:岡山県
 真庭市勝山地区(旧勝山町)は、かつて三浦藩2万3千石の陣屋町として栄えていました。
 更に出雲街道の宿場町としても賑わっており、武家屋敷だけではなく商家の建物も立ち並んで非常に賑わっていたと伝えられます。

 その街並みは現在まで保存され続けており、県内では一番最初に『町並み保存地区』へ指定されました。

勝山の風景
 周辺では武家屋敷が見学できるほか、疎開していた谷崎潤一郎さん縁の品を見る事も出来る郷土資料館、そしてかつて旭川における交通の要所でもあった名残である高瀬舟の船着場も残されています。

 また古いものだけではなく、新しい取り組みとして行われている『のれんの町』も町歩きを楽しくさせてくれます。
 染物のお店が綺麗な暖簾をお店に掲げたことをきっかけとして、各商店から一般の民家まで個性豊かで色とりどりの暖簾を掛けるようになったものです。
 新旧様々に、見る人の目を楽しませてくれる素敵な町並み保存地区なのです。


TOPへ戻る




大きな地図で見る

ページのトップへ戻る