TOP岡山の歴史的建造物>勝山・町並み保存地区

勝山の町並み

暖簾の町並み・勝山

詳細

勝山町並み保存地区
指定:町並み保存地区
所在地:真庭市勝山地区
駐車場:あり
※一部施設は入場有料

関連リンク:紹介ページ

勝山・町並み保存地区

 真庭市の勝山地区は、かつて三浦藩2万3千石の陣屋町として栄えていました。
 出雲街道の宿場町としても賑わっており、武家屋敷だけではなく商家の建物も多く見られます。

 その街並みは現在まで保存され続けており、県内では一番最初に『町並み保存地区』へ指定されました。

勝山の町並み
 武家屋敷が見学できるほか、戦時中に疎開していた作家の谷崎潤一郎ゆかりの品を見る事も出来る郷土資料館、そしてかつて旭川における交通の要衝でもあった名残である高瀬舟の船着場も残されています。
 カフェやギャラリーといった新しいお店もオープンしており、街歩きを楽しむのに最適なスポットとして、観光客で賑わっています。

のれんの町

 勝山の新たな取り組みとして行われているのが【のれんの町】の取り組みです。

 地区内にある染物のお店がきれいな暖簾を軒先に掲げた事が契機で始まった取り組みです。
 町歩きをしていると、それぞれの家の趣味趣向や、商売に応じた個性的な暖簾を掲げている事に気づくことでしょう。
 これがのれんの町の取り組みです。

 お店から一般の民家まで個性豊かな暖簾を掲げているので、それを見ながら歩いているだけでも充分に楽しむ事が出来るのです。

マップ


大きな地図で見る


 -戻る-

関連リンク


写真:上・勝山町並み保存地区、下・川沿いから見た風景
写真提供:岡山県

ページトップに戻る