TOP岡山の歴史的建造物>倉敷アイビースクエア

アイビースクエア

倉敷アイビースクエア

詳細

所在地:倉敷市本町7-2
駐車場:120台(各施設の利用客は一部無料)
経済産業省認定:近代化産業遺産

HP倉敷アイビースクエア
楽天トラベル倉敷アイビースクエア

建物の前史

 倉敷美観地区と言えば天領の時代から残された和の風景が思い浮かびますが、その中には意外と洋風建築も少なくありません。
 ホテルである倉敷アイビースクエアもその一つです。
 元は『クラボウ』の愛称で知られている地元企業の倉敷紡績が長らく工場として利用していたレンガ造りの建物です。

 明治22年に倉敷紡績が操業を始めた創業の建物でもあります。
 建物の外壁を覆うツタも、そもそもは工場内の温度調節の為のものです。
 夏場は葉が生い茂ることで日光を防ぎ、冬になると落葉して日光を取り入れることができる…、自然を活用したシステムでした。
 空調が整っている現在においてもそのまま残されています。

 後に他の場所へ工場が新設され、この建物は専ら倉庫などとしてのみ使用されるに留まっていました。

建物の再利用

 時代は流れ1970年代頃になると、倉敷美観地区の観光客が増加していきます。
 しかし当時の倉敷美観地区には、せっかく観光に訪れた人々を受け入れるだけの宿泊施設がなかったのです。
 そこで新たな宿泊施設などが求められ、使用されていなかった工場跡を新たに宿泊施設として再利用することになりました。

 倉紡記念館を皮切りに、宿泊施設やレストラン、文化施設などが設備され、現在のような倉敷アイビースクエアとして生まれ変わったのです。
 尚、内部は綺麗に改装工事が行われ、近代的なホテルとして稼動していますが、外観に関してはほぼ当時のままを留めています。

 今では美観地区を代表する観光スポットとして人気を博しています。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:倉敷アイビースクエア
写真提供:プランク様

ページトップに戻る