トップ観光歴史的建造物>遺跡を尋ねる旅

    犬島

犬島、銅精錬所跡

犬島(写真は精錬所跡の煙突)
建設:1909年
所在地:岡山市東区犬島
交通:宝伝港、直島(香川)宮浦港より定期船有り
指定:近代化産業遺産
関連リンク:岡山市による紹介ページ

写真提供:岡山県
 岡山市の犬島は近年になって芸術の分野での町おこしが進められ、現在では観光地として広く知られるようになりました。

■ 犬島の歴史
 島内にはかつて銅の精錬所がありました。
 犬島精錬所と言う精錬所で、大正時代の最盛期には従業員やその家族によって、島の人口が5,000人を超えた事もありました。
 しかし銅の価格が暴落した影響を受けて、廃業していまいました。

 産業を失った島からは徐々に人が離れていき、再開される事も無いまま精錬所の建物は、風化しながら放置されていました。

■ アートの島としての再出発
 時代は流れ、残されていた建物を芸術として活用しようとする動きが出ました。
 それが地元企業であるベネッセコーポレーションによる『犬島アートプロジェクト』です。
 現在でも継続されており、関連の施設の整備も進み、多くの観光客を迎えいれるまでに至っています。

 上記の写真は精錬所周辺で、二つの煙突はさながら犬島のシンボルタワーのような役割を果たしています。

TOPへ戻る




大きな地図で見る

ページのトップへ戻る