TOP岡山の歴史的建造物>エル・グレコ

エル・グレコ

喫茶 エル・グレコ

 倉敷美観地区の大原美術館の隣に、ツタで覆われた喫茶店があります。
 その名も、エル・グレコ。

エル・グレコとは

 喫茶 エル・グレコは1926年に建てられたふるい建物です。
 暖かい時期は建物の外壁全体がツタで覆われており、建物の古めかしさを外から感じることは余りできません。
 ツタが落葉する冬ごろに訪れて見ると、大正の建築らしい重厚な建物が姿を現します。

 設計を行ったのは薬師寺主計。
 倉敷の名士・大原家が手がけた事業の建物を数多く手がけてきた建築家で、実は隣にある大原美術館、旧中国銀行本町出張所などの建物も、薬師寺の作品です。

歴史

 エル・グレコは最初から喫茶店として建てられた訳ではありません。
 元々は大原家と、その右腕として活躍した原家の不動産を管理する為に設立された会社の事務所として建てられました。

 後にそれぞれ別々の会社として管理することになって、空き家となった建物の再利用方法として、大原美術館を見てきた人々が休憩を取る為の喫茶店がよいとされました。
 そこで1959年にオープンしたのが喫茶 エル・グレコでした。

 お店の名前は大原美術館を代表する展示品である【受胎告知】の作者、エル・グレコから採られたものです。
 

中はレトロな空間

 中は先述の事務所として用いられていた頃のまま残されています。
 なので扉には大原家の家紋が残されています。

 窓や机などのインテリアも、大正ロマンを思わせるもので、座っている内にいつの間にかタイムスリップしているような気分に陥ります。
 お勧めはやはりツタが茂っている時期で、建物の内側から眺めるツタは幻想的な風景を作り出してくれます。

店舗詳細

住所:倉敷市中央1-1-11
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は水曜日が休み)


 -戻る-


写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る