TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>道通神社

トウビョウを鎮める道通神社

詳細

通称:道通さん
祭神
猿田彦命、応神天皇
所在地:笠岡市横島1389

駐車場:有り

道通神社とは

 笠岡市にある道通神社は、中四国の瀬戸内海沿岸部に伝わる道通信仰の神社です。
 道通信仰の神社としては総本山的な神社であり、各地で見られる道通神社の多くは、この道通神社から分霊されていると言われています。
(※道通信仰については後述します)

 神社は16世紀中頃、永禄年間に笠岡市の伏越地区で創建されたと言われています。
 しかし戦国時代の紛争の中で荒廃して放置されてしまいました。

 ある時、周辺一帯で災害が続き、人々の間には病気が蔓延するようになり、それが道通様の祟りではないかと考えられるようになりました。
 そこで現在の地の横谷に移し、社を建てて祭事を行ったところそれらが収まったと言われ、それ以降は篤い信仰を集め、社殿を整えて現在に至っています。 

道通信仰

 道通信仰は先述の通り中四国の瀬戸内海沿岸部で広く伝わっている信仰です。

 トウビョウという蛇の憑き物に関する信仰です。
 一説には白蛇とも伝えられており、憑いた人を裕福にする等と伝えられる一方で、先述の病気や災害のように、人を祟ったり害悪をもたらす事もあると言われています。
 道通神社はそれを鎮める為の神社なのです。

 道通神社の境内には小さな家の形をした社があり、これはトウビョウの為に設置されているもので、信者が奉納したものです。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:拝殿
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る


00.