トップ観光岡山県のパワースポット

長福寺

長福寺

長福寺

長福寺(写真は山門周辺)
宗派:真言宗
所在地:美作市真神414
駐車場:有り

写真提供:岡山県観光連盟
 岡山県内で最古の木造建築があるのが、美作市の長福寺です。

 長福寺の歴史
 
長福寺が創建されたのは奈良時代の757年、鑑真さんが孝謙天皇の指示で開基したものだと伝えられています。
 その後、一旦は衰退していきましたが、1285年に再興されます。
 この時期からが長福寺が最も繁栄していた時期であるとされ、周辺には僧侶の住居である僧房が65を数え、また後述する立派な三重塔が建てられたのもこの時期です。

 ただし明治時代に至るまでにその数も減り、多くの建物が焼失した火災の影響もあり、その頃の面影は伺えません。
 現在の場所は昭和に入ってから移転したもので、元々は山を登った先にありました。
 
 岡山最古の木造建造物
 寺院から徒歩ですぐの場所に立派な三重塔があります。
 三重塔
(国指定重要文化財・三重塔 写真提供:岡山県観光協会)

 高さ約22m、1285年の寺院復興の際に建てられた建物で、岡山県内に現存する木造建造物として最も古いものになります。
 これは寺院の本尊などの寺宝と同様に国指定の重要文化財になっています。
 元々は山を登った先にありましたが、重要文化財に指定された翌年の1951年に現在の場所へ、一旦解体した上で移築されました。

  古い建物ではありますが、定期的に修復がなされており、見た目にも非常に美しい状態を保っており、はるか昔の建設技術の高さに驚かされます。
 本堂も三重塔も移転された事によって、非常にアクセスがよく、駐車場に車を停めて少しだけ歩けばみれるので、歩く事に自信がない方でも気軽に見て歩けるので、お勧めです♪
 

TOPへ戻る



ページのトップへ戻る