TOP岡山の歴史的建造物>足守藩侍屋敷

侍屋敷

足守藩侍屋敷

詳細

所在地:岡山市北区足守752
県指定:重要文化財
入場料:無料
入場時間:9:00~16:30
定休日:月曜日、祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は火、水が休み)、年末年始
関連リンク:岡山市による紹介ページ

足守藩侍屋敷とは

 岡山市の足守は昔ながらの街並みを残す地域で、かつては足守藩2万5千石の陣屋町として栄えました。

 中でも足守藩の国家老だった杉原家の旧宅は、県内でも唯一の完全な形で残された武家屋敷です。
 藩主の為の御成門美しい庭園長屋門自害の為の仏間など、当時の侍屋敷の様子を下山剤に伝える、非常に見ごたえのある建物です。
 2002年には母屋の茅葺が修復されており、とても美しい状態に保たれています。

歴史

 江戸時代中期に建てられた屋敷は、明治以降も杉原家の住宅として利用されていましたが、昭和48年に岡山市に譲渡されました。
 それ以降は当時を知るための貴重な資料として一般に公開されています。

 建物は見学だけではなく、研修や会合などにも利用できます。
 また周辺は街並み保存地区に指定されており、商家の建物や木下家の庭園だった近水園やお土産の購入や工芸の体験学習が出来る足守プラザなどがあり、一日中楽しめるエリアになっています。

 足守藩は適塾で知られる緒方洪庵や、岡山藩主である小早川秀秋らを排出しています。

マップ



 -戻る-


写真提供:岡山県

ページトップに戻る