TOP岡山の歴史的建造物>赤穂井戸

赤穂井戸

赤穂浪士ゆかりの地・赤穂井戸

詳細

所在地:倉敷市児島阿津
駐車場:無し
入場料:無料
営業時間:24時間見学可能

赤穂事件と赤穂井戸

 倉敷市児島地区には赤穂浪士に由来するとされる『赤穂井戸』があります。

 まず忠臣蔵の事件をおさらいしましょう。
 江戸城において勅使御馳走人をしていた浅野家の藩主が、高家旗本の吉良上野介を斬りつける刃傷事件(松の廊下事件)を起こしてしまいます。
 この責任を取り赤穂の浅野家は改易(藩主の地位を解任し、領地や城を取り上げる事)される事になってしまいましたが、吉良上野介には特にお咎めはありませんでした。

 この事件を喧嘩とすれば喧嘩両成敗で、吉良上野介にもお咎めがあるべきです。
 家来の一部がこうした事情を不服として、吉良家へ侵入、仇討ちを行ったのが忠臣蔵という物語の顛末です。
 しかし多くの藩士の中で仇討ちに参加したのは47人のみ。
 多くの藩士達は参加せずに第二の人生を歩んで行きました。

 『赤穂井戸』は、そうした第二の人生を歩んだ藩士たちの家、岡山へ移住してきた人々が作ったものだと言われています。

赤穂浪士と岡山

井戸の中 井戸のある倉敷市阿津は、下津井地区から近い場所に位置します。
 そして赤穂浅野家の家老だった大石内蔵助は下津井にある『下津井城』の城主・池田由成さんの孫に当たります。(池田由成の娘が大石内蔵助の母親)
 赤穂井戸は、そのツテを頼って集団で岡山県へ移住した旧・赤穂藩士達が掘ったものだと伝えられています。

 住宅地の中で目立つ場所ではありませんが、24時間いつでも見学する事が出来ます。
 普通に井戸として残されているだけなので、費用も掛からないので、忠臣蔵がお好きな方には近くを通った際には是非とも寄って頂きたい場所です。

 写真にあるように、現在でも豊かな水を湛えています。
 さすがに飲むのは気が引ける鮮やかな緑ですが…。

マップ





 -戻る-


写真:赤穂井戸
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る