TOP観光スポットデートスポット>妖精の森ガラス美術館

建物の外観

妖精の森でロマンティックなデート

スポット詳細

住所:苫田郡鏡野町上齋原666
営業時間
通常:9:30~17:00(入館は30分前まで)
定休日:火曜、年末年始

 入場料
大人:500円、高校生:400円小中学生:300円(それ以下は無料)
20名以上団体割引有り

駐車場有り
love

ウランガラスの美術館

 鏡野町に妖精の森ガラス美術館という美術館があります。

 その名の通りガラスの美術館ですが、展示されているのはただのガラスではありません。
 展示されているガラスは、全て古今東西のウランガラスなのです。

ウランガラス

 ウランガラスは着色料として少量のウランを混ぜて作られたガラスです。
 普段は黄色や緑色のガラスですが、最大の特徴としては紫外線を受ける事で蛍光を発する点が挙げられます。
 ウラン原子が紫外線を吸収する事で起こる現象で、暗闇でブラックライトを使ってウランガラスを照らすと、非常に幻想的な様子を楽しむ事が出来ます。

妖精の森ガラス

 妖精の森美術館では、【妖精ガラス】と名づけられたガラスの製造も行われています。
 鏡野町の人形峠で算出されるウランを用いて作られたウランガラスの事です。

 アートショップではこれらのウランガラスの他、国内外のアーティストの手によるガラス作品、妖精のグッズなども販売されています。

 幻想的に蛍光するガラスと、妖精グッズ!!
 もはやここはデートスポットに間違いない!!

 …という事で、妖精の森ガラス美術館はデートスポットとしてお勧めです。(強引)
love

マップ



 -戻る-


写真:上・建物外観、下・ウランガラス
写真提供・岡山県観光連盟

関連リンク


ページトップに戻る