TOP岡山の観光地岡山の珍風景>旧津山扇形機関車庫

実際の写真

旧津山扇形機関車庫(津山まなびの鉄道館)

詳細

所在地:津山市大谷178番地(JR津山駅内)
駐車場:有り
休日:月曜日、年末
営業時間9:00~16:00(入室は30分前まで)
入場料金:大人(高校生以上):300円、小中学生:200円、小学生未満:無料
    ※団体割引あり

関連リンク:津山市

扇形機関車庫

 津山市にあるJR津山駅の奥には、珍しい建造物が残されています。
 それが上の写真にある『旧津山扇形機関車庫』です。


 昭和11年に建設された非常に古い建物で、独特の扇のような形をした機関車を格納するための車庫です。

 写真中央の転車台の上へ機関車を乗せ、それぞれの倉庫へ向けて回転、移動させるという仕組みになっており、沢山の車両を収納するためのアイディアなのだそうです。
 機関車トーマスに出てくることで知っている方も多いのではないでしょうか。

全国的に珍しい機関車庫

 扇形機関車庫は、全国で13箇所しか残されておらず、岡山県内でも唯一津山駅に残されているのみという非常に珍しいものです。車庫の規模は全国2位

 現在、車庫内にはDE501キハ52-115キハ33-1001といった貴重な車両が保管されているので、扇形機関車庫に興味がある方も、電車が好きな方も、是非とも訪ねてみて頂きたいスポットです。

津山まなびの鉄道館

 長らく限定的に公開を続けてきた扇形機関車庫ですが、2016年4月より鉄道の歴史などを学ぶ為の施設、【津山まなびの鉄道館】としてリニューアルされました。

 鉄道の構造や歴史を学ぶ事が出来る他、津山の町並みが再現されているなど、様々な展示が行われています。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:扇形機関車庫
写真提供:津山市観光連盟

ページトップに戻る