TOP岡山の観光地岡山の珍風景>岡山市、しろちかの植物

観葉植物

しろちか・地下に育つ植物

詳細

所在地:岡山市北区天神町〜表町(しろちか)
営業時間:特になし(ひまわりの稼働時間は日中のみ)
駐車場:周辺に有料駐車場あり
休日:無し

城地下、地下通路の謎の植物

 岡山市の城下は、後楽園や岡山城へ向かう路面電車の駅や、広い地下駐車場があったりと、市街地の中でも交通の要所となる場所の一つです。

 城下には路面電車や駐車場を利用した人が反対車線へと向かうための地下通路、『しろちか』がありますが、この通路にちょっと気になる存在があります。
 それが上の写真にもある謎の観葉植物です。

 確かに綺麗ですし、都会の喧騒の中で見る植物は格別なものがありますが、何だか物々しい機械に囲まれている様子は、タダモノではない雰囲気を醸し出しています。
 …っていうか、よく考えれば日の当たらない地下に、どうしてわざわざいつも植物を飾っているのでしょうか。少し位置をずらせば日が当たる場所もあるのに…。
 実は、この植物…地下にありながら、太陽光で育っているのです!

太陽光採光システム・ひまわり

 実は城下の地下通路にある植物たちは、太陽光採光システム『ひまわり』によって、紛れもなく本物の太陽光によって育っているのです。

 地上の太陽光を光ファイバーを通じて地下に直接送り込むシステムです。
 集光器と呼ばれる機械が、太陽光をまるでヒマワリのように追いかけながら光を集め続けるので、地下の日の全く当たらない場所でも植物の育成が可能なのです。

 普段は見過ごしがちですが、次に見るときは、ちょっと見方が変わるかも…?

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:実際の植物の様子
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る