TOP岡山の観光地岡山の珍風景>まだかな会館

まだかな会館

下津井・まだかな会館(まだかな橋)

詳細

所在地:倉敷市下津井一丁目
営業時間:24時間見学可能(※外観のみ)

まだかな会館

 倉敷市・下津井地区に【まだかな会館】という、ちょっと変わったネーミングの建物があります。
 これは地域の公民館のような建物で、その建物自体や、その用途に【まだかな】という言葉の意味が隠されているわけではありません。

 まだかな会館の辺りは埋め立てられた土地で、かつては橋が架かっていました。
 その橋の名前がまだかな橋だったのです。

まだかな橋とは

まだかな橋跡
 まだかな橋というのは前述の通り、周辺が埋めたれられるまで架かっていたとされる小さな橋の名前です。
 現在は橋の欄干の端にあった親柱が僅かに見られる程度の名残しかありません。
 ただし名物の橋だったらしく、橋の跡を示す石碑が建てられています。

 まだかな橋という名前は、下津井が寄港地として賑わっていた時代に遡ります。
 北前船などが港に着くと、遊郭から遊女が橋にやってきて彼らを出迎えます。

 もちろん、目的は集客なので「まだ(遊郭に来ない)かな」と声をかけていたそうです。
 それが段々と橋の名前として定着するようになり、まだかな橋と呼ばれるようになっていったのだそうです。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:まだかな会館、まだかな橋跡
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


0