TOP岡山の観光地岡山の珍風景>平安杉

平安杉

平安杉(吉備津彦神社)

詳細

所在地:岡山市北区一宮1043(吉備津彦神社境内)

平安杉

  岡山市の吉備津彦神社の境内、拝殿のすぐそばに平安杉という御神木があります。
 樹齢は約千年と言われている大きな杉の木です。

 非常に大きな木で、龍が宿るという伝説があります。
 しかしこの御神木には他の木とは異なる大きな特徴があります。

火災と平安杉

 平安杉は大きく、立派な木ですがよく見ると少し違和感がある事に気づきます。
 平安杉は真ん中の辺りで木の皮の色が変わるのです。

 これは木を治療した際にモルタルで埋めた跡です。

 1930年に起こった社殿の火災の際に、火の熱を受けて幹の半分が枯れてまったのです。
 後に枯死や倒れる危険が出てきたので、空洞化していた内部の腐敗している部分を取り除くと同時に、木の中に鉄筋の支柱を埋め込んで木を強化しました。

 モルタルはその名残なのです。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:平安杉
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


0