TOP岡山の観光地岡山の珍風景>吹屋往来とと道

吹屋ふるさと村

吹屋往来とと道

詳細

所在地:高梁市成羽町吹屋周辺
県指定:ふるさと村
駐車場:観光客用駐車場有り
時間:お店の営業時間はそれぞれご確認下さい

関連リンク:吹屋ふるさと村
壁紙集:壁紙:吹屋の町並み

吹屋の町並み

 高梁市成羽町吹屋一帯は、昔ながらの街並みを留めた地区を保全していこうとする岡山県独自の制度である『ふるさと村』へ指定されています。

 この地は古くは銅山として栄え、近代には真っ赤な塗料であるベンガラの産地として日本随一の地位を築き上げました。
 山間にありながらも、非常に繁栄した地でした。
 往来に立ち並ぶ家々はベンガラを思わせる赤を基調とした建物で、独特な雰囲気を醸し出します。
 上の写真のように、かつて鉄などを運んだ『吹屋往来』周辺を中心として町並みを眺めるスポットになっています。

旧吹屋小学校校舎

吹屋小学校
 また、この地には平成24年度までは現役として最古の校舎であった高梁市立吹屋小学校があります。
 残念ながら廃校となってしまいましたが、非常に古く趣のある建物は観光スポットとして親しまれており、夜間にはライトアップされるなどして県内外から多くの方が見に来られています。
 隣には先に廃校となった中学校の校舎の木材を用いて、吹屋小学校風に作られた宿泊施設であるラ・フォーレ吹屋もあるので、ライトアップを眺めた跡はゆっくり休む事も出来ます。

とと道

郵便局なんだぜ、これ…。
 銅山は既に閉山し、主な産業は観光へとシフトしています。
 町並みを眺めに来る多くのお客さんのために、郷土館などで古い家を見学したり、様々なお土産屋が立ち並びます。

 また上の写真をご覧下さい。
 この古い建物に溶け込んでいる施設は郵便局で、中に入ると見慣れた最新の郵便局の風景が広がっています。
 町全体として観光に取り組んでいるのです。

 ところでこの辺りのことを『とと道』と呼びますが、これは笠岡の港から魚介類が送られてきた道ということで、『とと』には魚の意味があるそうです。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:吹屋の風景
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る