TOP舞台探訪・聖地巡礼>マッサン・ロケ地

マッサン・倉敷ロケ地一覧


 NHK、朝の連続テレビ小説シリーズとして放送されたマッサン。
 ニッカウヰスキーの創業者がモデルとなり、日本でウィスキー作りを始めるまでの苦難などが描かれた人気作となりました。

 岡山県からは倉敷美観地区がロケ地として登場していました。

 放送6回目:倉敷アイビースクエア【オルゴールミュゼ】

オルゴールミュゼ
 最初に登場したのは6回目の放送で、「私を日本に連れてって」と告げたエリーと政春が抱き合っていたシーンです。(昔、スキーでそんな台詞あったよなぁ…)
 この場所は倉敷アイビースクエアの中にあるオルゴールショップ【オルゴールミュゼ】です。
 販売の他に、オルゴールのコンサートが開催されたりもするお店で、洋風の建物が作品とよくマッチしていましたね♪

放送7回目:中橋

 次に登場したのは7回目の放送でした。
 大阪の町並みとして放送されていた町並みは、実は倉敷川に架かる中橋周辺です。
 大阪の町並みとして登場した中橋周辺
 現在では人力車が待機して、観光案内が行われていますが、そういった現代的な風景を取り除いてみると、まさにタイムスリップしたような風景でしたね♪
(写真提供:岡山県)

放送11回目倉敷アイビースクエア

 次に登場したのは11回目の放送で、今度は国外の風景になりました。
 スコットランド・ロンモード蒸留所という場所で働かせて欲しいと懇願するシーンは、倉敷アイビースクエアの入り口付近で撮影されています。
 スコットランドの風景として登場したアイビースクエア
 倉敷アイビースクエアも元々は工場として稼動していた建物なので、雰囲気的にもバッチリ合っていましたね♪

放送16回目:中橋

 最後となる4回目の登場は放送16回目でした。
 資金を受けるために、料亭での接待を提案されたマッサンが、ムリヤリ連れて行かれた道は、倉敷美観地区の中橋の辺りです。
 料亭への道
 暗い時間帯の撮影でしたが、よく見ると橋の輪郭や、車止めの支柱があるのが判ります。
 ちなみに倉敷美観地区の回りは実際に接待がよく行われていますよ♪

 岡山ロケは以上の箇所で行われたそうです。
 登場回数こそ4回ですが、撮影が行われたのは2箇所だけやーん!と、ツッコミを入れたくなる方もおられるかもしれませんが、オルゴールミュゼは作品を通しても屈指の名シーンとも言える場面で採用されていますし、実際に訪れて思い出に浸ってみてはいかがでしょうか♪


 -戻る-




ページトップに戻る