TOP舞台探訪・聖地巡礼>実写版・魔女の宅急便

魔女の宅急便・ロケ地一覧

 スタジオジブリのアニメ化でも知られる児童文学の名作『魔女の宅急便』。
 13歳の少女、キキが魔女としてのしきたりに則って親元を離れ、知らない町で成長していく姿に共感をした人も多い事でしょう。
 2014年には実写の映画化も行われました。

 今回は岡山県内で行われたロケ地についてご紹介します。
 映画自体のロケは香川県の小豆島を中心として行われていましたが、岡山県からも交通の便がいい場所なので、選ばれたのではないでしょうか。

 牛窓オリーブ園(瀬戸内市牛窓町牛窓412-1)

オリーブ園
 最初に映画を見た時に、どうしても判らなかったのが牛窓オリーブ園でした。
 先にオリーブ園でロケをしたと聞いていたのに、見落としてしまいました。

 実はトンボが飛行機のような乗り物を作っていた場所が、牛窓オリーブ園です。
 瀬戸内海を一望できる場所なので、飛行機を実際に飛ばすシーンに映える場所として選ばれたのではないでしょうか。
 よく見ると、牛窓オリーブ園の傾斜がしっかり出てていましたね。

西大寺・五福通(岡山市東区西大寺中3-9)

五福通り
 映画の中でコリコの町としてロケが行われているのは先述の通り香川県の小豆島ですが、島の中のメインストリートとして選ばれたのは岡山市の西大寺にある『五福通』という商店街です。
 昔ながらの街並を残す商店街で、魔女の宅急便の世界観にもばっちりあっていましたね。

 しかし五福通の建物は、看板建築と呼ばれるもので、厳密には洋風の建物ではありません。
 日本家屋の表面側を看板のように洋風の建物で覆っている建物で、実際の建物は、中に入ると日本家屋なのです。

 五福通りはまるでタイムスリップしたかのような風景が人気で、本作品のほかにも、『Always 三丁目の夕日』シリーズや、『カンゾー先生』のような、古い時代を取り扱った作品でロケ地に選ばれています。

 岡山ロケは以上の二箇所で行われたそうです。
 物語の舞台となった小豆島は、岡山県からも非常に近いので、お好きな方はスケジュールに組み込んでみてはいかがでしょう♪
 小豆島の素敵なロケーションを眺めながら、ホテルで一泊…なんて行程も、素敵ですね!



 -戻る-

関連リンク




ページトップに戻る