TOP舞台探訪・聖地巡礼>晴れのち晴れ、ときどき晴れ・ロケ地探訪

晴れのち晴れ、ときどき晴れ・ロケ地探訪

 『晴れのち晴れ、ときどきはれ』は、日本のエーゲ海とも称される抜群の景勝地である、瀬戸内市牛窓地区を舞台にした映画です。
 かつてアクションスターを志し、牛窓を離れた主人公が、16年の月日が流れて再び故郷へ戻り、一目ぼれした教師の女性が勤める定時制の学校に通い始める…。

 牛窓各地で撮影が行われ、うらじゃも取り入れられた意欲作です。

 撮影は瀬戸内市牛窓地区各地で行われています。
 昔ながらの街並みが残されているしおまち唐琴通り
 映画全体に漂うレトロな雰囲気の町並みは、昔ながらの港町の風情が残されている牛窓ならではの風景でしたね。
しまおち唐琴通り
 近年、周辺スポットと併せてデートスポットとしても人気が高まっている、牛窓オリーブ園にある幸福の鐘も登場しました。
幸福の鐘
 二人で鐘を三回鳴らすと幸せになると言う鐘で、『恋人の聖地』にも指定されている場所です。
 映画中では松本利夫さん演じる緒方定虎が、踏み台に立って鳴らしまくっていましたが、実際には上の写真のような形で、ゆっくりと鳴らします。

オリーブ園
 そして、鐘のあるオリーブ園からの風景。
 牛窓はやっぱり風光明媚な場所だなと、地元に住んでいながら、スクリーン越しに再認識させられる映画でした。

 ちなみに映画内に登場するニコニコ食堂は、実際に牛窓で営業していた食堂ですが、撮影が行われた時には既に廃業していました
 映画内で特別に復活したもので、昔行った事があるという人には、とても貴重で懐かしい風景になったようです。


 -戻る-
写真提供:岡山県観光連盟



ページトップに戻る